保育園の見学に行ってきました!良いところ、うーん…なところ。

先日こちらの記事★★>>で書いた続きです。

3箇所の認可保育園と2箇所の小規模保育園に見学に行ってきました。

もう、皆さんも見学は終わっているだろうと思いますが
肉子が見た見学ポイントと、いいなと思った点と大変そうだなと思った点を備忘録として書いてみようと思います。
お付き合いくださいませ。。





広告
☆☆☆☆☆

保育園の見学ポイントはご家庭でさまざまだと思うのですが
どの園でも良く出ていた質問は、

①持ち物について。
布団は毎週持って帰るのか?オムツはどれくらい置いておけるのか?

②慣らし保育の期間。

③市で決まった利用料以外の経費。


そのほかで肉子が気になったのは
④クラス割り
⑤延長保育の料金。扶養内で働くことになったら短時間保育になるため仕事の時間と合わなければ延長を利用しないといけない為。

この5個を簡単にまとめながらその他の特徴含め園を比べてみたいと思います。
(聞きそびれている園もあり。)
良いなと思った点はオレンジ、うーん…と思った点は青にしてます。


A園(認可)
①かけ布団とオムツは持参。(敷き布団、シーツは園が用意)
シーツのみ毎週持ち帰り
慣らし保育期間は決まっていない
③制服代3000円
年齢ごとの1クラス
30分200円 月極1時間3500円

家から一番近い
短時間保育の預かりが朝8時から
園の雰囲気まあまあ



B園(認可)
①布団一式持参。毎週持ち帰り。
オムツは園で使った分を購入する形

②慣らし保育期間は2週間くらい。
制服代20000円(3歳~)、絵本代400円、教材費2000円、保護者会費必要
縦割りクラス
⑤30分300円 月極1時間4000円

家から2番目に近い
先生の雰囲気、園の雰囲気が良い
親のかかわりが多そう(手作りバッグや行事など)


C園(認可)
①布団一式持参。シーツのみ毎週持ち帰り
オムツは5枚くらい名前を書いて置いておける。
②慣らし保育期間は2週間くらい。
制服代17000円(2歳~)、絵本代500円、教材費4500円、その他指定の買い物5500円、保護者会費必要
年齢ごとの1クラス
30分500円 月極1時間5000円

家から少し遠い
短時間保育の預かりが朝8時半からだけど入口で全ての受け渡し可能なためすぐに出勤できる
園の雰囲気は良い。若い先生は少ない。


D園(小規模)
①布団一式持参。毎週持ち帰り
オムツは20枚くらい名前を書いて置いておける。
②慣らし保育期間は10日間
③絵本代500円、教材費2000円、その他指定の買い物2500円
年齢ごとの1クラス
⑤30分250円 月極なし

家から少し遠い
短時間保育の預かりが朝9時から
行事が少ない(運動会なし)
園庭なし
人数の割りに部屋が広い、園の雰囲気まあまあ



E園(小規模)
①かけ布団とシーツは持参。(敷布団は園が準備。リース代800円)
オムツはパックごと置いておける
慣らし保育期間は決まっていない
③絵本代350円。
全員で1クラス
⑤1時間500円 月極4000円

家から遠い
短時間保育の預かりが朝9時から
行事が少ない(運動会は提携他園と合同)
園庭なし
狭くてごちゃごちゃしている雰囲気



その他こまごましたチェックポイントもありますが
比較しようと思ったのはこのくらいです。





見学に行く前は何が何でも家から一番近いA園!と思っていましたが
見学に行って感じた雰囲気ではB園が良いなぁと。
でも決まりごとはA園のほうが楽そうですね。

布団の毎週持ち帰りはやっぱりめんどくさいと思いますね。。

それから
慣らし保育期間も決まっていないと言うところは(A園、E園)
どうしても仕事の都合で無理なら初日から長時間でもいいし、仕事開始まで余裕があるなら短時間を長く続けてもいいし、
今日は長時間、明日は短時間みたいにしてもいいとのこと。


あと、縦割りクラスのほうがなんとなく成長が早い気がして…。
B園では0歳児でも成長できてる子は1~2歳クラスに入ったりするそうです。


G様はやっぱり家から近いところがいいとのことでA園推しです。
C園もよさそうでしたが少し遠いのと、受け入れ人数が少ないので
第二希望をB園にするかC園にするか迷いどころです。


小規模のD園、E園もどちらを順位を上にするか微妙なところです。。


求職中なので確実に落ちるんですがそれでもめっちゃ考えています…。


ではでは~。明日も保育園の話続きます。。


楽天で応募できるお得な旅はご存知ですか?
楽天懸賞広場 無料宿泊券を当てよう!!>>


ハピタス>>ここからの登録で肉子からのハピ友特典付きです。


新商品や話題の商品がモラえるタメせる「モラタメ.net」>>


とんでもないアラフォー主婦ブログを読む方はこちら↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へにほんブログ村 子育てブログ 高齢ママ育児へ
にほんブログ村
壮絶育児体験を読む人はこっち↓

この記事へのコメント