白斑が出来ちゃった!!けど今回は自分で治せました!

高齢出産で不安もありましたが母子ともに無事に退院することが出来ました。
出産にしても育児にしても初めてのことで分からないことばかりの毎日であっという間に一日が終わります。
出産してからのことを少しづつ振り返りながら書いていきます~。


今回は、白斑が出来ちゃったけど自分で直せた時のお話です。

乳腺炎になった時は病院で助産師さんにお世話になりました。
退院してすぐ乳腺炎になっちゃった!>>

この時、乳腺炎を自分でなおす方法を沢山調べたのですが、乳腺炎以外のおっぱいトラブルで、白斑というものがあるのを知りました。




広告
☆☆☆☆☆


乳管にお乳が詰まって乳首に白い塊が出来ちゃうとのこと。
どちらかというと、
白斑が出来てお乳の出口が詰まってしまい、中でおっぱいが溜まって乳腺炎になるという流れが多いみたいですが

前に乳腺炎になった時は白斑は無かったので実際にどんなものかは分かりませんでした。


とある日。
乳首に白い点を発見!
これが白斑~??!!

乳腺炎にはもうなりたくないと思って、授乳もがんばっていたのに
何故に栓出来ちゃった~??


お乳が詰まって塊りになっていると思っていたし、ネットでも「取れた」という表現があったので
上手くいけばポロっと取れる物かと思っていました。

いけないとは知りつつも爪で掻いてみましたがびくともしない。

実際はニキビみたいに表面は皮のような感じみたいです。
栓が出来たままだと乳腺炎になると読んだのでとにかく栓を取って開通しないと!と必死でした。


白斑の隙間からでもお乳が出ていれば詰まることはなくてあとは赤ちゃんに吸ってもらえば治るという情報を読み、
肉子の白斑を確認すると隙間からは出ていないみたい。まずいなぁ…。

懲りずに爪で表面をつまんでいると少し皮が破けました。
すると白斑の隣からじわりとお乳が出るようになりました。

あとは、このじわり出るおっぱいを詰まらせないように
角度を変えてヘムちゃんに吸ってもらうのみ!
時間が開くようだったら搾乳!
お風呂に入る30分くらい前にベビーオイルを塗ってふやかす。


白斑に気を付けて過ごすこと2日。

いつの間にか白い点はなくなっていました!!



ちょうど、これを↑飲み始めた頃でもあったのでその効果もあったのかもしれません。
だとするとハーブティすごい!


悪化しなくてよかった~!!


原因として考えられるのはやはり食事かな。
そして私の場合添い乳が癖になっていたのですがそれもあまりよくないようですね。

なおすコツはとにかく角度を変えて吸ってもらうことだと思いました。


しかし、白斑にしても、乳腺炎にしても
とにかく赤ちゃんに吸ってもらえ!と言うけど、

授乳途中で寝ちゃったり思うように吸ってもらえない時もあるわけで。

そうなると自分で搾乳するわけですが
搾乳は搾乳で、搾りすぎるな!と言うし…。

搾ったらまたそれだけお乳が作られちゃうから詰まりの原因になりそうだけど
でも搾らないとカチカチになってまた詰まりそうだし…。

なんだこの矛盾。

赤ちゃんが吸っておっぱい空っぽになるには良くて
搾乳でおっぱい空っぽになるのはダメなのか?



白斑は一度なるとまたなりやすいそうなので
乳首チェック怠らずにもしまた出来てしまったら早期に解決したいと思います。



ちなみに乳腺炎になったのは右パイで今回の白斑も右パイ。
右パイからの授乳ばかりしていたので右乳首だけめっちゃ大きくなってしまった…。


ではでは~
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村



とんでもないアラフォー主婦ブログを読む方はこちら↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へにほんブログ村 子育てブログ 高齢ママ育児へ
にほんブログ村
壮絶育児体験を読む人はこっち↓

この記事へのコメント