旦那の育児参加。してくれること、してくれないこと。

高齢出産で不安もありましたが母子ともに無事に退院することが出来ました。
出産にしても育児にしても初めてのことで分からないことばかりの毎日であっという間に一日が終わります。
出産してからのことを少しづつ振り返りながら書いていきます~。


今回は、旦那様の育児参加について感じたことです。


G様にとっては3人目の子供。感動とかあまりないのかなと思っていたけど
意外とちゃんと、可愛いとか言ってくれます(どんだけ酷い人間と思っているのか…)

赤ちゃんのお世話も私より慣れてる感じはあるかもしれません。
でも前妻の時は産後里帰りしていたみたいでがっつり新生児と向き合うことは少なかったみたい。
私は新生児の時期も一緒に成長を見てもらいたくて最初、里帰りはしませんでした。
(後日実家にお世話になりました。)





広告
☆☆☆☆☆

「お風呂に入ると同時に、俺がヘムちゃんお風呂入れるね~」と言ってくれたのですが
まだ一緒に入ることは出来ないよ!ヘムちゃんだけ別で入れるんだよ~と説明して
沐浴をお願いしました。

と言っても…。。
以前にも書いた名前のない家事>>男は気づかない!


すでに自分だけ裸でお風呂場で待っているー!!


こらー!ヘムちゃんだけお風呂と言っても
お湯の準備やタオルの準備、着替えの準備など先にやってからやっと
裸ん坊にするんだよぅ!!
その後もおへその消毒やら鼻掃除やらあるよ~。


平日は残業で育児に参加はほぼ出来ていないG様。
沐浴してくれる気持ちは嬉しいけどまずは準備をしてくれよ!

仕方ないので他の準備は私がやって
G様はお風呂場で洗う係のみ…。


まぁいいか。

それはいいんだ。
なかなか触れ合えてないから少しでも関わってくれたら。


でも、この沐浴?をしたことで

自分は育児に関わっている!沐浴をしてあげた!!と言えるのかなぁ。

あ、いや、そんなにドヤ顔したり偉そうに言うことはないけど
普段は私が一人でやっているのだから

「沐浴をする」っと言ったら最初から最後までしていただけると
私も他のこと出来て助かるんだけどなぁ…。


育児に直接の参加じゃなくて、買い出しに行ってくれるとかはとても助かっています。
あとは、ごはんの準備とかせめて自分の分だけでもしてもらえたら嬉しいのだけど
残業の後はゆっくりしてほしいしね…。

まぁ仕方ないか!

ではでは~。
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村



とんでもないアラフォー主婦ブログを読む方はこちら↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へにほんブログ村 子育てブログ 高齢ママ育児へ
にほんブログ村
壮絶育児体験を読む人はこっち↓

この記事へのコメント