小児科見学と予防接種の多さに驚いた!

朝起きてすぐから部屋中に熱気が貯まっていて
朝からエアコンつけっぱなしの毎日が続いております。
(寝室も夜中つけっぱなし)

エアコン代がとんでもないことになりそうだと思っていたのですが
電気代を見返してみると冬の暖房代の方が倍くらい高いですね。

もう節約とか関係なくエアコンに頼りまくっています。
皆様もどうか体を優先で過ごしてくださいね。

今日の話は出生前小児科見学の話この話★★
続きになります。
ちょっと前になりますがやっとお話聞きに行けました。




広告
☆☆☆☆☆

予約段階でご縁がないかも?と思っていましたが

病院は比較的新しく待合室も広かったです。
子供を遊ばせておけるキッズコーナーもありましたが

病気の時にお世話になる場所のキッズコーナーてなんか怖いような…?
おもちゃ系はその都度 消毒されてあるのかもしれませんが
そこは利用したくないわ、何となく…。


受付には電光掲示板があって自分の待ち番号があと何番目か、予測の時間も出ていた、かな。
(見学に行ってからだいぶ時間が開いたのでうろ覚え…)
どの先生が診るかも表示されていました。

見学の旨を伝えると
先生はまだ診察中だったので先に、看護師さんがこれからの予防接種についてのお話をしてくださいました。

ワクチンデビューは生後2か月の誕生日!
その時受けるものは4種類あるとのことです~!

早速凄い種類ですね…

B型肝炎、ヒブ、小児用肺炎球菌は原則無料の基本的なもので
ロタウイルスが有料の任意です。

しかも、どれも1回で終わらないやつ。

3か月目には上の4種類に加えて四種混合がスタート!


毎月、小児科には行くことになりますね。
まぁ、何もなくても赤ちゃんのことを診てもらえたり相談できるのでいい機会ですね。


1か月検診は産院の方であるので
赤ちゃんに何も問題が起きなければ小児科に通いだすのは2か月目からということです。





そのお話を聞いた後 会長先生と面談。
予約の時にも会長先生ってなんだ?と思ってたけど普通におじいさん先生でした。

産前の今、気を付けることを少しと、
あとは産後、赤ちゃんはこんな状態になるのは普通だよ(母乳による黄疸や乳児湿疹)、という話や
こういう時は病院に来てね、という話を聞きました。

そして、初めての赤ちゃんだから何か気になったら神経質になり過ぎてパニックになったりしてしまうかもしれないけど
まずはよく観察してみてね、ということ。

熱が高い!と思っても肌着を脱がせるだけで終わることもあるし、
あと、気にしすぎるのは便秘だそうで、5日くらい出ないこともあるけど大丈夫だそうですよ。

あと、反対にこんなことで行ってもいいのかなっていうような
鼻吸引や耳掃除も見える範囲でやればいいし、出来ないと思ったら来たらいいよ~ということでした。


予約段階で感じたもやもやは、先生に対してはなくなりました。


まだ、産んでみないと分からないし、とりあえず質問もなかったので
ここまでで20分くらいだったかな。


最後に、また看護師さんと待合室で一緒になったので
予約の取り方を聞きました。


ネットでも診察予約はできるけど
最初に1回は直接か電話のみで、
9時からの診察で受付開始は7時50分から。(ネットは8時)
その時の番号で午前か午後かもう、区切られるみたいで

月曜など患者さんが多い時はこの、朝の時点で夕方まで予約がいっぱいになることもあるそうです…。

私が見学に行ったのは平日の午前の最後の時間帯だったので1組の親子がいるだけで、
意外にも患者は少ないイメージだったのですが

ずれ込みも想定内で予約で調整してるってことみたいです。
え~じゃぁ急病になったらどうするんだろう…?

って肝心なことを聞き忘れましたが。
もしかしていつも電話が繋がりにくいのって
「今から受診大丈夫ですか?」的な問い合わせが多いってことなのかなぁ。


まあでも、自分が子供の頃に行ってた病院も1時間、2時間待つことありましたし
(小児科じゃなくて内科で、爺さん、婆さんがメインだったけど)
そういうもんなのかもねぇ…。

もう一軒地域に、小児科があった気がするので(産科の紹介制度には登録されてなかった)
そちらにもかかるかもしれないですね。


なるべくお世話にならないように赤ちゃんが健やかに成長しますように…。

ではでは~。
アイスを食べて乗り切ろう!



にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村


とんでもないアラフォー主婦ブログを読む方はこちら↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
壮絶育児体験を読む人はこっち↓

この記事へのコメント