羊水検査】検査による流産のリスクと、検査後の休憩、かかった費用

羊水検査については賛否両論あると思いますので
検査を受けないと考えている方は今回はご遠慮ください。
受けようか迷っている方、受けると決めている方の参考になればと思います。



この記事は少し前に書いていたものですので
現在の体調とは違う内容があります。





広告
☆☆☆☆☆

検査が終わってベッドルームに移動しました。
G様も一緒に待ってくれていました。

1時間ほど休んでもう一度
エコー確認していただいたら終わりです。


休んでいる間に
どんな検査だったかをG様に話したり

自分の思わず出た言い方に
笑いをこらえるのが必死だったとか

これから何食べに行こう~?とか

けっこうペチャクチャおしゃべりしていました。

検査が終わってひとまず安心したんだけど
まだ結果は分からないんだから
のんきな夫婦ですよね…。

羊水検査による流産のリスクも説明がありました。

その病院では約3200人の方が羊水検査を受けたそうですが
その後の経過が悪かった方は9人。

入院などはあったものの8人の方は無事出産されたそうです。
悲しいですがやはり流産された方もいるのは事実。

検査による流産の確立は医療の進歩のおかげで
だいぶ無くなったそうです。

検査を受けることを決めた方は
リスクも覚悟なのでそれは仕方ないことだと思います。

小さな産婦人科でしたが
沢山の症例数があるのにびっくりと同時に
こちらにお願いしてよかったなと思いました。

先生はとても穏やかなおじいさんで
経験豊富なのが伝わってきました。
看護師さんは特に話をすることもなく
淡々と作業を進める感じでした。
冷たいように受け取れる感じもありましたが
あまり優しくされても辛いような気もしました。

1時間後にエコーを診ていただき
赤ちゃんも特に問題ないとのこと。

結果は早くて2週間後に電話で教えていただきます。

性別もその時に聞きたければ教えてくれるそうです。


お会計は10万8000円。
言われていた検査の費用以外は何もかかりませんでした。

G様と昼食を食べて帰ることに。
羊水検査って大ごとのような気がしていましたが
終わってみると
意外と普通に日常生活できるものなんだなと思いました。
安静にして重いものなどは絶対持ってはいけませんが
お風呂も禁止ではありませんでした。
念のためシャワーのみにしました。


羊水検査のお話は次で最後です。





とんでもないアラフォー主婦ブログを読む方はこちら↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へにほんブログ村

こんな主婦いる?!主婦ブログを読む方はこちら↓

主婦ランキング

この記事へのコメント