湯を沸かすほどの熱い愛を観ました。

寒い日は引きこもって
取りためていたドラマや映画の消化をしている日々です。
テレビで放送された、宮沢りえさん主演の

「湯を沸かすほどの熱い愛」をやっと観ました。





広告
☆☆☆☆☆

年々と涙もろくなっているのは分かっていたんですが
こんなに泣くとは…。

泣き過ぎて頭が痛いです。


宮沢りえさんも好きなんですけど

杉咲花さんの演技がすごくって。

あと、例えばいじめに関して
自分がこんな目にあったら…
と考えていたことが

もし子供がこんな目にあったら…
と考えるようになって

今までとは違う物の見方になったんだなと気づきました。

そして病気に関しても
これまでだったら
死んでも誰も悲しまない…とまでは思っていなかったけど
私が死んでも困る人はいないんじゃないかと考えていました。


だけど…子供が生まれたら…。

以前、子持ちの友達が言ってたけど
何があっても私は死ねない!って言っていました。
子供のためなら何でもできる!と。


まだ胎動を感じる時期でもなく
つわりが治まって、
本当にお腹にいるの??くらいな日々ですが

少しづつ母親思考になってる自分が
少し不思議。


映画のラストは
んん?となりましたが
それも愛、なのかな??

DVDを借りに行ったりはしないのですが
TSUTAYAの動画見放題の契約してます。
1か月無料のつもりでそのまま解約忘れています。

これからも映画見る時間作りたいなと思いました。
(いや、時間は沢山ある…)


ではでは~。



とんでもないアラフォー主婦ブログを読む方はこちら↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へにほんブログ村

こんな主婦いる?!主婦ブログを読む方はこちら↓

主婦ランキング

この記事へのコメント